东洋医学研究所所长——赵基恩教授

赵基恩
赵基恩,日本东洋医学研究所所长。

本籍:中国山东省

现住所:日本国 〒869-5561 熊本県芦北郡芦北町芦北2331-2。

职务:

熊本芦北疗育医疗集団董事会董事

日本东洋医学研究所所长・教授

世界中医药学会联合会脑病专业委员会  常务理事

学位:医学博士

学历

1969年07月  山東省煙台市牟平第四高中

1977年10月  哈爾濱医科大学医療系

1977年10月  哈爾濱医科大学第一病院神経内科医師

1985年07月  取得主治医師資格・講師(哈爾濱医科大学)

1988年06月    日本熊本大学大学院医学研究科 博士研究生

1993年11月  熊本大学大学院畢業・取得医学博士学位

1993年12月  日本熊本大学医学部小児発達学講座 博士後

1995年08月  CANADA McGill大学神経研究所 博士後

1996年06月  哈爾濱医科大学基礎医学学院 客員教授

2005年03月  中国海洋大学医薬学院   客員教授

2007年05月  哈爾濱医科大学  客員教授

2008年12月        国際中医師(TCMD)資格取得

2010年01月  北海道医療大学  客員教授

2015年04月  世界中医薬学会聯合会脳病専業委員会  常務理事


研究课题

1、各種癌症・糖尿病腎病・脂肪肝等肝機能障害等的薬物開発及健康食品開発研究。

2、癌症和疼痛的中医薬治療研究。

3、痴呆症、小児自閉症・神経症的中医薬治療研究。

4、重症心身障害児体質改善・中医薬治療的研究。

 

共同研究单位:

中国海洋大学医薬学院・哈爾濱医科大学薬学院

日本北海道医療大学・熊本大学医学部和薬学部・崇城大学薬学部。

 

赵基恩论文目录

 

一、中文论文

1、趙基恩、葛茂振:脳梗塞的前駆症状及早期診断

黒龍江医薬、3:49ー53、1983。

 

2、王之邦、趙基恩、葛茂振:164例脳血管疾病面部神経反射調査

中風与神経疾病雑誌、1:148ー149、1984。

 

3、葛茂振、趙基恩、胡維銘、馮健:

腔隙性脳梗塞的診断(附14例配対研究)

哈爾濱医科大学学報、4:43ー45、1984。

 

4、葛茂振、趙基恩、曲松濱、馮健、陳士謨、斉雅忠:

腔隙性脳梗塞的診断(附100例報告)

中風与神経疾病雑誌、2:4ー5、1985。

 

5、明煥濱、陳士謨、趙基恩:白血病的神経系統併発症

中風与神経疾病雑誌、2:192ー194、1985。

 

6、趙基恩、葛茂振、孫麗:小脳蚓部及双側丘脳同時発生高血圧脳出血1例報告

中風与神経疾病雑誌、3:235、1986。

 

7、葛茂振、趙基恩:A型性格与脳血管病

中風与神経疾病雑誌、4:12ー13、1987。

 

8、王之邦、趙基恩、葛茂振、張岩峰:

経頭部CT掃描証実高血圧丘脳出血(附46例分析)

哈爾濱医科大学学報、22:129ー139、1988。

 

9、汪振達、趙基恩、廬玉娟、田家崎、武慶科:

A型性格与銀屑病ー(附50例病例対照配対研究)

中華皮膚科雑誌、22:19ー20、1989。

 

10、趙基恩、葛茂振、鄭柏仁、王暁東:

原発性高血圧中脳出血3例

実用内科雑誌、9:360ー361、1989。

 

11、王之邦、趙基恩、葛茂振、郭華:

経CT掃描証実高血圧丘脳出血46例分析

中華神経精神科雑誌、23:113、1990。

二、日文论文

12、三池輝久、宮竹聖彦、趙基恩:

ジストロフィンの局在

筋ジストロフィンー症の遺伝、疫学、臨床および治療開発に関する研究

63:327ー333、1989。

 

13、三池輝久、宮竹聖彦、趙基恩、吉岡毅:

筋腺維壊死、再生とジストロフィンの態度

筋ジストロフィンー症および関連疾患モデル動物の開発に関する研究

63:67ー77、1989。

 

14、三池輝久、趙基恩、鳴神浩、吉岡毅:

筋腺維壊死、再生過程における膜とジストロフィンの態度

臨床神経学、29:1574、1989。

 

15、吉岡毅、三池輝久、趙基恩、宮竹聖彦:

神経シナプスとジストロフィン

脳と発達、21:209、1989。

 

16、宮竹聖彦、趙基恩、三池輝久、吉岡毅:

ジストロフィンの局在

脳と発達、21:208、1989。

 

17、三池輝久、趙基恩、鳴神浩、吉岡毅:

筋腺維壊死、再生過程における膜の態度について

筋ジストロフィンー症および関連疾患モデル動物の開発に関する研究

64:51ー61、1990。

 

18、三池輝久、宮竹聖彦、吉岡毅、趙基恩、内野誠:

ジストロフィン:局在と推定される機能について

筋ジストロフィンー症の遺伝、疫学、臨床および治療開発に関する研究

64:348ー353、1990。

 

19、三池輝久、趙基恩、吉岡毅、影下登志郎、荒尾龍喜:

筋ジストロフィンー症生検筋における神経成長因子受容体の

免疫組織反応について

臨床神経学、30:1418、1990。

 

20、趙基恩、三池輝久、吉岡毅、宮竹聖彦、内野誠:

筋ジストロフィンー症における筋腺維壊死、再生の態度と

本症治療への展望

脳と発達、22:116、1990。

 

21、三池輝久、吉岡毅、趙基恩:

現在使用される5種類のジストロフィン抗体について

筋ジストロフィンーの臨床病態と遺伝および疫学に関する研究

65:277ー281、1991。

 

22、三池輝久、吉岡毅、趙基恩:

シナプス、中枢神経におけるジストロフィン

筋ジストロフィンーの臨床病態と遺伝および疫学に関する研究

65:300ー304、1991。

 

23、三池輝久、吉岡毅、趙基恩:

加齢と筋組織内毛細血管分布

筋ジストロフィンー症および関連疾患モデル動物の開発に関する研究

65:55ー61、1991。

 

24、趙基恩、吉岡毅、宮竹聖彦、三池輝久:

mdxマウスにおけるジストロフィンの態度について

脳と発達、23:157、1991。

 

25、大谷宜伸、前田泰史、吉岡毅、趙基恩、三池輝久:

興味あるジストロフィン分析結果を示した筋ジストロフィー症の兄弟例

脳と発達、23:225、1991。

 

26、吉岡毅、三池輝久、趙基恩:

シナプス、中枢神経系におけるジストロフィンについて

臨床神経学、31:1356、1991。

 

27、吉岡毅、三池輝久、趙基恩、大谷宜伸:

ジストロフィン染色FITC法

筋ジストロフィンーの臨床病態と遺伝および疫学に関する研究

66:344ー347、1992。

 

28、三池輝久、趙基恩、吉岡毅、宮竹聖彦:

mdx組織におけるジストロフィン陽性腺維

筋ジストロフィンーモデル動物の開発、生産とその評価に関する研究

66:7ー11、1992。

 

29、三池輝久、趙基恩、吉岡毅、斎田恭子:

症例におけるジストロフィン反応の多様性

筋ジストロフィンーの臨床病態と遺伝相談および疫学に関する研究

66:267ー271、1992。

 

30、趙基恩、吉岡毅、大田順一郎、三池輝久:

NGFーRと筋組織発生、分化との関わりについて

脳と発達、24:158、1992。

 

31、吉岡毅、趙基恩、宮竹聖彦、三池輝久:

神経筋接合部、筋腱接合部におけるジストロフィンと関連蛋白

脳と発達、24:159、1992。

 

32、友田明美、三池輝久、大谷宜伸、趙基恩、松倉誠:

自律神経系の異常が病因と関連していると思われるDistal muscular dystrophy

の1女性例

脳と発達、24:267、1992。

 

33、吉岡毅、趙基恩、三池輝久:

先天性ミオパチーにおけるジストロフィンとNGFーRの態度について

臨床神経学、32:1528、1992。

 

34、三池輝久、吉岡毅、趙基恩:

先天性ミオパチーにおけるジストロフィン

筋ジストロフィンーの臨床病態と遺伝相談および疫学に関する研究

67:276ー279、1993。

 

35、趙基恩、吉岡毅、大田順一郎、三池輝久:

マウス、ラットにおけるDRPの局在

脳と発達、25:245、1993。

 

36、大田順一郎、趙基恩、吉岡毅、三池輝久:

Nerve Growth Factorおよびその受容体と筋疾患の関連について

脳と発達、25:249、1993。

 

37、三池輝久、斎田恭子、趙基恩、吉岡毅、大田順一郎:

ジストロフィン関連蛋白(DRP)の局在と態度

筋ジストロフィンーの臨床病態と遺伝相談および疫学に関する研究

68:245ー250、1994。

 

38、三池輝久、大田順一郎、趙基恩、吉岡毅:

Nerve Growth Factorおよびその受容体と筋疾患の関連について

筋ジストロフィンーの臨床病態と遺伝相談および疫学に関する研究

68:127ー133、1994。

 

39、大田順一郎、趙基恩、吉岡毅、三池輝久:

Nerve Growth Factorおよびその受容体の胎児筋組織における態度

脳と発達、26:198、1994。

 

40、吉岡毅、趙基恩、大田順一郎、大谷宜伸、三池輝久:

Dystrophin-related Protein (DRP)の局在と態度

脳と発達、26:170、1994。

 

41、吉岡毅、趙基恩、大田順一郎、大谷宜伸、三池輝久:

ジストロフィンを欠損したミオチュプラーミオパチー(兄)と

典型的DMD(弟)の同胞例

脳と発達、26:170、1994。

 

42、大田順一郎、趙基恩、吉岡毅、大谷宜伸、三池輝久:

Nerve Growth Factorファミリーおよび受容体ファミリーの

筋ジストロフィンー症筋組織における態度

脳と発達、27:279、1995。

 

43、趙基恩、上妻四郎:

痛みの中医的治療

中医臨床:vol.21-No.4 6-12, 2000。

 

44、趙基恩:

重症心身障害児における漢方治療

日本重症心身障害児学会雑誌:vol.31, No.2, 164, 2006。

 

45、趙基恩、藤井弓子:

ノロウイルス感染症に葛根湯合黄連解毒湯が有効であった5例

漢方と診療:vol.17-No.4 6-12, 2000。

 

三、英文论文

  1. Miyatake M. , Miike T.,  Zhao JE., Yoshioka K., Uchino M., Usuku

G: Possible systemic smooth muscle layer dysfunction due to a

deficiency of dystrophin in Duchenne muscular dystrophy.

Journal of the Neurological Sciences, 93: 11-17, 1989.

 

  1.  Miike T.,  Miyatake M., Zhao JE., Yoshioka K:

Immunohistochemical Dystrophin Reaction in synaptic regions .

Brain & Development, 11 :344-346, 1989.

 

  1. Miyatake M., Miike T.,  Zhao JE.,  Yoshioka K:

Dystrophin : Localization and presumable function.

Muscle & Nerve, 14:113-119, 1991.

 

  1. Zhao JE., Uchino M., Yoshioka K., Miyatake M., Miike T:

Dystrophin in control and mdx retina.

Brain & Development, 13:135-137, 1991.

 

  1. Narukani H., Yoshioka K., Zhao JE., Miike T: Experimental

serotonin myopathy as an animal model of muscle degeneration

and regeneration in muscular dystrophy.

Acta Neuropathologica,  81:510-516, 1991.

 

  1. Zhao JE., Yoshioka K., Kageshita T., Arao.,  Miike T:  Nerve

growth factor receptor immunoreactivity on the tunic

adventitia of intramuscular blood vessels in childhood

muscular dystrophies.

Neuromuscular Disorders, Vol. 1. no. 2:135-141. 1991.

 

  1.  Yoshioka K., Zhao JE., Uchino M., Miyatake M.,  Miike T:

Dystrophin isoform and /or cross-reactive on neurons and glial

cell in control and mdx central nervous systems.

Journal of the Neurological Sciences, 108:214-220, 1992.

 

  1. Zhao JE., Yoshioka K.,  Miyatake M.,  Miike T: Dystrophin and a

dystrophin-related protein in intrafusal muscle fiber,  and

neuromuscular and myotendinous junctions.

Acta Neuropathologica, 84 :141-146, 1992.

 

54 .Zhao JE., Yoshioka K., Miyatake M., Miike T:

Developmental studies of dystrophin-positive fibers in mdx

and DRP Localization.

Journal of the Neurological Sciences, 114: 104-108, 1993.

 

  1. Akemi Tomota, Ji-En Zhao, Yoshinobu ohtani, Teruhisa Miike,

Makoto Uchino, Itsuro Higuchi:  Two patients with distal muscular

dystrophy and autonomic nerve dysfunction.

Brain & Development, 16:65-70, 1994.

 

  1. Kowashi Yoshioka, Ji-En Zhao, Junichiro Ohta, Teruhisa Miike:

Immunolocalization of dystrophin-related protein on muscle

and nervous system in mice and rats.

Muscle & Nerve, S104: 1994.

 

  1. Junichiro Ohta, Ji-En Zhao, Kowashi Yoshioka, Teruhisa Miike:

Nerve growth factor and its receptor immunoreactivity

on muscle tissues from neuromuscular disorders and foetus.

Muscle & Nerve, S113: 1994.

 

  1. Zhao JE., Yoshioka K., Ohta J., Uchino M., Miike T:

Immunolocalization of dystrophin-related protein in the

nervous system and muscle of rats, control and mdx mice.

Kumamoto Medical Journal, Vol. 45, No. 1, 1995.

 

  1. Miike T, Miyatake M, Yoshioka K, Zhao JE., Tamura T, Kimura S,

Ogawa M, Ikezawa M, Niikawa N, Jinno Y, Uchino M, Yamamura K, Abe

K,Suzuki M:

Dystrophin: localization and regulatory regions for expression.

Molecular biology of muscular dystrophy.

Proceeding  of international workshop between Japan and France.

Neurology and Psychiatry. Tokyo, 3-12, 1996.

 

  1. Petrof BJ, Lochmuller H, Massie B, Yang L, Macmillan C, Zhao JE.,

Nalbantoglu J,  Karpati G.

Impairment of force generation after adenovirus-mediated gene

transfer to  muscle is alleviated by adenoviral gene inactivation and

host CD8+ T cell deficiency.

Human Gene Therapy, 1:7(15):1813-1826,1996.

 

  1. Miike T, Ohta J, Sugino S, Zhao JE., Mutoh T:

Neuronal and vascular  involvement in Fukuyama tyoe congenital  muscular dystrophy.

Fukuyama Y, Osawa M, Saito K (Eds) Congenital muscular dystrophies.

Elsevier Science 1997.

 

  1. Larochelle N, Lochmuller H, Zhao JE.,  Jani A, Hallauer P,  Hastings KE,   Massie B,  Prescott S,  Petrof BJ,  Karpati  G and  Nalbantoglu J.

Efficient Muscle-specific transgene expression after adnovirus-

mediated  gene transfer in mice using a1.35 kb muscle creatine

kinase promoter/enhancer

Gene Therapy, 4(5):465-472,1997.

 

  1. Zhao JE.,  Lochmuller H.,  Nalbantoglu J.,  Allen C., Prescott S.,

Massie B., and Karpati G:

In-Situ PCR for the microscopic  display of adenoviral reconmbinents

is a powerful tool in assessing AVR-mediated dystrophin gene transfer

to  muscle

1997 AAN Scientific Program Abstract Submission, 97:366-369,1997.

 

  1. Zhao JE.,   Lochmuller H.,  Nalbantoglu J.,  Allen C., Prescott S.,

Massie B., and Karpati G:

Study of Adenovirus-Mediated Dystrophin Minigene Transfer to

Skeletal Muscle by Combined Microscopic Display of Adenoviral

DNA and Dystrophin

Human Gene Therapy, 8:1565-1573, 1997.

 

  1. Pei-yu Xie,  Xiao-mei Zhang, Makoto Matsukura, Isao Fujii, Kaori Ito, Ji-en Zhao, Makoto Shinohara:

Effect of Tangkangle on expression of superoxide dismutase in cultured rabbit retinal pigment epithelial cells under hyperglycemia condition.

Int.J.Ophthalmal (Guoji Yanke Zazhi), 7(6) 1584-1586,2007.

 

  1. Dandan Zhang,  Isao Fujii, Changzheng Lin, Kaori Ito, Huashi Guan, Jien Zhao, Makoto Shinohara, Makoto Matsukura:

The Stimulatory Activities of Polysaccharide Compounds Derived from Algae Extracts on Insulin Secretion in Vitro.

Biol. Pharm. Bull., 31(5):921-924, 2008.

 

  1. Wei Wang,  Makoto Matsukura Isao Fujii, , Kaori Ito, Jien Zhao, Makoto Shinohara, Ye Qing Wang  Xiao-mei Zhang

Inhibition of high glucose-induced VEGF and ICAM-1 expression in human retinal pigment epithelium cells by targeting ILK with small interference RNA.

Mol. Biol. Rep.., DOI 10, 1007/s1 1033-011-0778-2. 2011.

 

  1. Pei-yu Xie,  Makoto Matsukura Isao Fujii, , Jien Zhao, Makoto Shinohara, Xiao-mei Zhang

Protective effect pancreatic βM1N-6 cell on retinal pigment epithelial cell from high glucose-induced damage.

Chin J Exp Ophthalmology. Vol.30, No.2, 2012.

 

四、书籍

1、久光正太郎、趙基恩著:

《今日の中医診療指針内科編》

新樹社書林、東京、1993。

2、久光正大郎、趙基恩、牧野健司編集:

《漢方エキス剤》

医歯薬出版株式会社、東京、1994。

3、趙基恩、岩谷典学編集:

《現代中医診療手引き》

医歯薬出版株式会社、東京、1997。

 

4、趙基恩、上妻四郎編著:

《痛みの中医診療学》

東洋学術出版社、東京、2000。

5、趙基恩

痛みの漢方治療最前線

《現代医療の中の伝統医学》、

熊本大学薬学部教務委員会卒後教育部会、2002。

 

6、篠原誠、趙基恩

現代中国医学から見たやさしい健康法

花伝社、東京、2010。

 

7、篠原誠、趙基恩、中村雅生

《今日から使える漢方製剤》

医歯薬出版社、東京、2013。

 

8、篠原誠、趙基恩、中村雅生

《内科医のため漢方製剤の使い方》

医歯薬出版社、東京、2017。